腹水濾過濃縮再静注法(CART)に関してお知らせ

腹水濾過濃縮再静注法(CART)を行う患者さまへお知らせ

当院では、CARTを行う外科医師が、常勤医師では無くなった為、

一時期CARTを行なっておりませんでしたが、引き続き、外科、消化器外科の

医師が担当し、CARTを行います。

 

腹水濾過濃縮再静注法(CART)とは(外部リンク)

休診日情報 5月・6月・7月

5月の休診日:2日(水)、3日(木)、4日(金)、5日(土)、6日(日)、9日(水)、16日(水)、23日(水)、30日(水)

6月の休診日:3日(日)、6日(水)、13日(水)、20日(水)、27日(水)

7月の休診日:1日(日)、4日(水)、11日(水)、16日(月)、18日(水)、25日(水)

クールビズの実施に関して

当院では、一部エリアに限りますが、環境省の提唱する「クールビズ」を 実施いたします。

実施期間は、5月1日より10月31日まで

実施エリアは、主に事務棟エリアとなります。

外来や入院施設に関しては、患者様の健康環境を優先した空調の使用を致します。

実施期間中、事務棟などの対象エリアでは、原則軽装(ノーネクタイ・ノージャケット)での勤務を推奨しております。お客様及びお取引先様には、不快感をえないクールビズ対応を心掛けて参りますので、ご理解とご協力賜わりますようお願い申し上げます。

更新:看護の日イベント 5月11日

看護の日にちなんで、健康を考えたイベントを開催いたします。

是非、お立ち寄りください!

5月11日(金)10:00〜13:00 新館待合ホール

血圧測定、骨折リスク測定、血管機能検査などの健康チェックや栄養相談、介護相談もあります。

また、介護用品の展示や、さいたま市福祉職員による介護相談などもございます。

 

イベントの詳細はこちら→ 詳細ページ

 

【埼玉県民公開講座】子宮頸がんとワクチンの正しい知識

埼玉県民公開講座のお知らせです。

「子宮頸がんをなくそう-子宮頸がんとワクチンの正しい知識-」

4月22日(日)13:00~15:00 埼玉県県民健康センター2階大ホール

参加費:無料  申し込み不要

主催:埼玉県産婦人科医会 リンクはこちら

【内容】

「子宮頸がんの現状と予防にむけて」
鈴木光明
日本産婦人科医会常務理事、新百合ヶ丘総合病院がんセンターセンター長、自治医大学名誉教授

「HPVワクチン再開に向けた国会及び行政での議論」
古川俊治
参議院議員、慶應義塾大学法科大学院教授・医学部外科教授

「HPVワクチン接種に伴う副反応や多様な症状への具体的な対応と接種にあたっての注意」
峰 眞人
彩の国予防接種推進協議会会長、日本小児科医会理事

[同日開催]個別医療相談会 12:00~13:00(11:00より整理券を配布いたします)
先着20名:産婦人科医師による個別の相談会を行います。

 

5年前の2013年に、子宮頸(けい)がん予防のため導入された「HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン」の定期接種の積極的呼びかけが一時中止されました。HPVワクチンは現在も安全性を巡る議論が続いておりますが、接種に関心があるが、判断材料が足りず、どうしようか決められないという方も多いと思います。そんな中、是非専門家から知識を得て接種の判断材料にして頂きたいという思いで、一般市民を対象にした公開講座として開催することとなりました。

ゴールデンウィーク期間のお知らせ

ゴールデンウィーク期間中のご案内

4月29日(日): 休診 (正和食堂もお休み)

4月30日(月):通常診療

5月1日(火)   :通常診療

5月2日(水) :休診 (正和食堂もお休み、売店は10:00~14:00)

5月3日(木) :休診 (正和食堂もお休み、売店は10:00~14:00)

5月4日(金) :休診 (正和食堂もお休み、売店は10:00~14:00)

5月5日(土) :休診 (正和食堂もお休み、売店は10:00~14:00)

5月6日(日) :休診 (正和食堂、売店もお休み)

本館4階病棟工事のお知らせ

当院本館の4階病棟において、病室工事が下記の日程で行われます。

期間:4月19日(木)〜24日(火)

期間中、音等出ることがございます。患者様には配慮をし対応していきたいと思います。

ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

日本大学医学部付属板橋病院 連携医療機関登録

日本大学医学部附属板橋病院の連携医療機関として登録されました。

日本大学医学部付属板橋病院との緊密な医療連携を図りながら、地域医療の充実、向上に寄与することを目的としております。

image1

当院の医師が医療連携医となり、患者様の紹介や逆紹介を今以上にスムーズに行えます。

これを通し、岩槻、地域の皆様にも価値有るものになることを期待します。