栄養だより」カテゴリーアーカイブ

栄養だより 「災害時の水と栄養」

災害時は、まず第一に水次にエネルギーの確保

「水について」

害でライフラインが障害を受けると、水のない不自由な生活を強いられます。生きるためには、まず水分を最優先にとりましょう。

水分が不足すると、脱水症・心筋梗塞や脳梗塞などの慢性疾患・エコノミークラス症候群・便秘などが起こりやすくなります。

また、災害時は食事の量が少ないので、食事からの水分摂取が想像以上に減ってしまいます。飲料水の量も限られ、水分補給が少なくなりがち。水分は積極的にとりましょう。飲料水は成人で一人一日2リットル目安です(疾患により水分の制限がある方は医師の指示に従ってください)。

「食事について」

災害直後は、エネルギーをしっかりとりましょう。暑さや寒さに負けない体力をつけるために、食べてエネルギーを補給しましょう。

非常災害時は、1日の食事回数も、1回の食事量も少なくなります。おにぎり・パン・カップ麺などの炭水化物に偏り、たんぱく質やビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどの大切な栄養素がとりにくくなります。

非常食を備蓄する際、栄養バランスを考えることも大切です。

「備蓄アドバイス」

・食べ慣れた食品

・ビタミン強化米や玄米、七分つき米

・魚や肉の缶詰、レトルト食品

・野菜や果物のジュース

・ビタミンやミネラルが強化された食品(ふりかけ、飲料、菓子など)

・栄養機能食品、栄養ドリンク

・カセットコンロ、調理器具など